入試フォーカス12回(ハギトリ形式)

20210915172111_00033.jpg

単元別・総合とバランス良くチェック

対象学年:中学3年
教科:英語 数学 国語 理科 社会
判型:B4判
備考:年度版(2021年9月発売予定)

基礎    公立    私立    難関                                                                                                          

 

教科 回数
英語 各12回
(単元別強化編6回
+
直前総合問題6回)
数学
国語
理科
社会


(公立12回)
・単元別強化編6回と直前総合問題編6回の構成。
・1回あたりの標準時間40分  

単元編・・・入試問題にあたる前に単元ごとの重要事項・
      入試頻出事項を確認させる問題。教科の特性を
      考慮した単元ごとの問題構成。
総合編・・・公立高校の入試問題をベースにした総合問題。第5・6回は最新の入試問題を使用。  

□英語□
単元別強化編:3年間にならう文法事項を整理・
確認する問題構成

1回~5回で入試に重要な文法事項を、単元別の学習で整理しながら、細かな弱点を確認する。
★6回目は全範囲からの出題 
直前総合問題編:文章題形式で出題
「単元編」(文法事項)との違いを明確にし、最初から長文を載せて実戦的な力をつけられるように
構成している。
□数学□
直前総合問題編:「数と式」「関数」「図形」で
3年間を網羅
「数と式」「関数(確率を含む)」「図形」を各2回ずつ、分野別で展開する単元構成。
問題設定をできるだけ端的にし、この2回分で当該分野の全体を網羅できるように構成した。
直前総合問題編:新傾向問題を出題
最新の入試問題より出題。公立校の問題を中心に、出題頻度の高い問題形式を精選し、
新傾向の問題を5・6回で重点的に学習できるようにした。
□国語□
単元別強化編:長文読解中心の構成
言語事項は含めず、長文読解中心の構成としている。公立入試でよく取り上げられるポピュラーな
作者・作品を採用し、大幅に改題して掲載している。
直前総合問題編:言語事項も含めた長文総合問題
言語事項を含めより実戦に即した、長文総合問題を掲載している。最新実施入試問題を中心に掲載。
□理科・社会□
単元別強化編:最重要事項がよく分かる問題形式
当該単元の最重要事項を扱うとともに、何が最重要事項であるかが生徒に分かる問題形式。
直前総合問題編:総合力の判定に適した問題構成

入試問題と同じ総合的な内容で、実力の判定と練成に最適な発問形式。
・一問一答・・・当該単元で最も重要な事項・用語が何であるか端的にわかる。
・図表整理・・・図表に関する最重要事項が何であるか端的にわかる。
・大問形式の問題・・・学習項目ごとにどのような事項が最も出題されるかがわかる。
新傾向問題を出題
最新の入試問題より出題。
公立校の問題を中心に、出題頻度の高い問題形式を精選し、新傾向の問題を5・6回で
重点的に学習できるようにした。

教材検索



生徒一人一人にあった教材が必ず見つかる!

営業日カレンダー

休業日